広島大学大学院統合生命科学研究科 生命医科学プログラム・基礎生物学プログラム
広島大学大学院理学研究科生物科学専攻

情報生理学研究室
Laboratory of Molecular and Cellular Physiology


新着情報 What's new

2021/9/24 徳永真結莉さん、安東明莉さん、槇村有紗さん、安博洋さんの4名が第114回日本繁殖生物学会大会にて口頭発表を行いました。(研究室の活動)

2021/9/2  森下文浩助教が (公益社団法人) 日本動物学会第92回オンライン米子大会でポスター発表しました。 (研究室の活動)

2021/8/31 安博洋さんがThe 80th Fujihara Seminar国際会議にてOutstanding Poster Awardを受賞しました。おめでとうございます! (研究室の活動)

2021/8/30 徳永真結莉さん、安東明莉さん、槇村有紗さん、安博洋さんの4名がThe 80th Fujihara Seminar国際会議にてポスター発表を行いました。http://the-80th-fujihara-seminar.org/ (研究室の活動)

2021/8/26-27  森下文浩助教が、山口大学理学部にて特殊(特別)講義「生理活性ペプチドの生物学」を開講しました。 (研究室の活動)

2021/7/31 ほ乳類の発生に関与するプロモーターノンコーディングRNAの進化とゲノム作用機序について概説した論文が出版されました。博士1年の安博洋さんを中心として執筆しました。 https://doi.org/10.1042/EBC20200143

2021/7/16 今村拓也教授がシングルセルRNA-seqのバイオインフォマティクス解析に携わった九州大学との共同研究の成果がScience誌に出版されました。マウス多能性幹細胞から機能的な卵巣組織の再生に世界で初めて成功し、卵子の産生に動物由来の体細胞が不要になる展望が拓けました。 (論文掲載)(プレスリリース) (研究室の活動)。

2021/7/13 森下文浩助教が科学研究費 挑戦的研究(萌芽) 研究課題「福島第一原子力発電所周辺の潮間帯で見られた巻貝の生殖の季節性喪失の分子基盤」の代表者として採択されました。

2021/6/20 森下文浩助教が中国四国支部生物系三学会合同大会(公益社団法人 日本動物学会中国四国支部大会)にて軟体動物腹足類イボニシの神経ペプチドに関する研究成果を発表しました。(研究室の活動)

2021/5/19 今村拓也教授がシングルセルRNA-seqのバイオインフォマティクス解析を担当した九州大学との共同研究の成果がCell Reports誌に出版されました。レット症候群原因因子による神経幹細胞の分化制御メカニズムを明らかにし、発達障害の発症メカニズムの解明と新たな治療法開発に期待ができる成果です (論文掲載)(プレスリリース) (研究室の活動)。

2021/4/23 今村拓也教授が2020-2021年度公益財団法人上原生命記念科学財団研究助成金に採択されました。研究テーマは「ヒト形質賦与を⽬指したノンコーディングRNAの活⽤」です。(財団HP)。

8/31 Boyang AN was awarded Outstanding Poster Award for his presentation at The 80th Fujihara Seminar. Congratulations!

2021/8/30 Mayuri TOKUNAGA, Akari ANDO, Arisa MAKIMURA, and Boyang AN presented their studies at The 80th Fujihara Seminar.

2021/7/31 A review article has been published: The evolutionary acquisition and mode of functions of promoter-associated non-coding RNAs (pancRNAs) for mammalian development. Boyang AN, the first author, greatly contributed to this work. Congratulations! https://doi.org/10.1042/EBC20200143

2021/7/16 Professor Takuya Imamura has contributed to a part of single cell RNA-seq analyses for a research paper published in Science today. In this paper, a method to build up follicular structure, that mimics the major part of ovary, from ES cells has been successfully established. This enables the maturation of oocytes also from ES cells, turning out to provide in vitro constructed healthy offsprings after fertilization with sperms. Publication List

2021/6/20 Assistant Professor Fumihiro Morishita presented the research results on neuropeptides of a gastropod mollusc Thais clavigera at the Joint Meeting of the Three Biological Societies in Chugoku-Shikoku Area (Zoological Society of Japan, Chugoku-Shikoku Branch Meeting).

2021/5/19 The result of joint research with Kyushu University, in which Professor Takuya Imamura was in charge of bioinformatics analysis of single-cell RNA-seq, was published in Cell Reports. It is a result that can be expected to clarify the mechanism of neural stem cell differentiation control by Rett syndrome causative factors, elucidate the onset mechanism of developmental disorders, and develop new therapeutic methods.(Link to publication list

2021/4/23 Professor Takuya Imamura was selected for the 2020-2021 Uehara Memorial Foundation Research Grant. His research theme is "Utilization of non-coding RNA aimed at human characterization".

研究キーワード Research keywords

SDG3 human health
SDG12 hazardous waste
SDG14 marine biogeochemical cycles, coast habitats

ノンコーディングRNA, エピゲノム, DNA脱メチル化, 遺伝子活性化, 脳, 神経幹細胞, ヒト, 霊長類, マウス, げっ歯類, 種特異性, 多様性, 適応, 進化, バイオインフォマティクス

ホヤ, 金属濃縮, バナジウム, 腸内細菌, 被嚢, 接着

神経ペプチド, 神経系, D型アミノ酸, トランスクリプトーム, アメフラシ, イボニシ

non-coding RNA, epigenome, DNA methylation/demethylation, gene activation, brain, neural stem cell, human, primate, mouse, rodent, species-specific, biodiversity, adaptation, evolution, bioinformatics

ascidians, metal accumulation, vanadium, intestinal bacteria, tunic, adhesion

neuropeptide, nervous system, D-amino acid, transcriptome, gastropods, Aplysia, marine snail 

大学院生募集中です!!

気になるキーワードがあれば、私たちと一緒に研究してみませんか?

博士課程前期(修士課程)および博士課程後期(博士課程)ともに4月入学と10月入学の2回募集を行っています。その他、社会人や外国人を対象とする特別入試、推薦入試もあります。入試や研究に関する質問があれば直接お問い合わせ下さい。詳しい研究内容についてはスタッフのページを御覧ください。

広島大学では、科学技術振興機構「次世代研究者挑戦的研究プログラム」の実施機関に採択されており、博士後期課程の学生のサポートが手厚くなっております。詳しくはこちらのページを御覧ください。

If you have a keyword that interests you, why not study with us?

We are recruiting twice for both the first half of the doctoral program (master's program) and the second half of the doctoral program (doctoral program), one for admission in April and the other for admission in October. In addition, there are special entrance exams and recommended entrance exams for employed person and foreigners.

Please feel free to ask us if you have any questions related to the admission, research topics etc. For detail, please visit Staff page.

所在地・交通アクセス

〒739-8526広島県東広島市鏡山1-3-1広島大学大学院統合生命科学研究科(理学)情報生理学研究室

Tel: 082-424-7438(今村), 7439(森下)

〒722-0073広島県尾道市向島町2445広島大学大学院統合生命科学研究科附属臨海実験所

Tel: 0848-44-1434(植木)

電子メールアドレスは、スタッフのページを御覧下さい。

情報生理学研究室を訪問される場合は、理学部A棟3階のA301〜304、317〜319号室へお越しください。最寄り駅はJR山陽本線 西条駅 (バスで約15分)または JR山陽新幹線 東広島駅 (バスで約20分)です。詳しくは広島大学のキャンパス案内のページをご覧下さい。

Counter: 1841, today: 5, yesterday: 22